script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-5187719916359798" crossorigin="anonymous">

新型ウイルス&不況のご時世を生き抜くサバイバー

このブログは世知辛い現代を頑張る人に向けて役に立つ情報を僕なりの解釈で語るブログです

掛け持ちは計画的に、モッフンの掛け持ち失敗談 仕事は1日8時間

掛け持ちによる失敗

こんばんは、モッフンです、皆さん掛け持ちしてますか?僕は今トリプルワーカーで体も心も疲弊させてしまい失敗をしてきました。 今日は私の掛け持ちの失敗談を交えつつこれから掛け持ちをしようという方に私なりに情報をお届けしたいと思います。

失敗その1 仕事を3つも入れてしまう

実は私は父のしわ寄せで背負う羽目になったローンの毎月引き落とされるお金をなんとかして取り戻そうと掛け持ちを2つから3つに増やしてしまいました。その結果どうなったかを2つに分けて説明していきます。

ストレスが溜まる

これはもう当然っちゃ当然なんですが自身の時間が無くなりストレスが蓄積されます。 朝から日が変わるまで来る日も来る日も仕事、そこには生きる楽しさなんて全くありません、最初の2ヶ月は「まあ頑張れるかな」と思いつつも3ヶ月過ぎた辺から「俺は働くために生きてるんじゃない(# ゚Д゚)」ともうイライラがマッハになります、これでは健全な生活とは言えませんねえ(^_^;)

暴飲暴食が増える

これはほんとそうなんですけど遊ぶ時間も休む時間もないとリフレッシュする方法に食べるか酒を飲むことしか楽しみを見いだせなくなるんですよ、特に私みたいになまじ強いと休肝日を設けず毎日飲んでしまい心身共に健康を損なってしまうんですよね、酒の飲み過ぎで胃が荒れてしまい直近3日は胃痛に見舞われてます(;´д`)トホホ… こんなことにならないように皆さんにこれからストレスの溜めない掛け持ちの仕方をお話します。

1日の勤務は8時間に留めよ

私は今月を以て3つ目の仕事を辞めます、その後はダブルワーカーとして生計を立てていきますが、それに関しては疲労は特に感じたりはしません(疲れの頻度は人による)その理由は1日の勤務を1ヶ所及び8時間に留めてるからです(繁忙期の残業はこのかぎりではない) 人の1日の時間は誰しも24時間と公平に決まってます、睡眠に8時間、仕事に8時間、残りは自分の時間で8時間 仮に仕事を増やすとしたらすいみんじかか自由時間を削らなくてはいけません、睡眠を不足させるかストレスを蓄積させるか、どちらにしても健康にいいはずがありません けどかけもちしないと生活できない、そんな方も多いでしょう、そんな方は例をあげますので試してみて下さい

時給の高いとこでダブルワーク

これは私もやっている勤務形態ですが、高時給の勤務先2つで1週間回すという感じですね、最初は慣れるまでキツいですがなれてしまえば日々のルーティンと化します、メインの仕事も今となってはただの「日常」 といった感じですね、メインをに据える勤務先は有給が取りやすい職場が良いでしょう、日本には同調圧力というのがありますからね(^_^;)

 8時間と残り2ヶ所

もう一つは8時間1ヶ所を1日と別の日に4時間を2ヶ所で1日の合計を8時間に抑えるというやりかたです。 というのも地域に依っては必ずしも高時給な勤務先に恵まれてる人ばかりではないと思はれます、ですので1番時給の良いとこでフルタイム、2編目に高時給なとこで4時間又は5時間、これについては少しでも時給の高い勤務先で時間が長いほうが稼ぎになるので長いほどいいと思います、残りの時間は低い時給のとこに当てましょう。

なぜ8時間なのか

ここまで読まれて皆さんは「なぜ8時間にこだわるのか」と疑問に思った方もいると思います 結論からシンプルに言いますと、先週から今週にかけてコンビニの勤務時間を削ってから暴飲暴食の頻度と本業の能率が明らかに向上したからです。 本業 工場バイト コンビニと3つ詰め詰めの時期は「モッフンさんどしたの?」ろ心配される程ミスを頻発していました。 それが今月コンビニを辞める旨を話し、シフトを減らしてからはミスが減り、お酒も飲まなくても平気になりました、これは人の1日の勤務は8時間までが心身の健康上望ましいということが私を通して知っていただけると思います。 こうして私は無茶を1つ削り、余裕と再びブログを執筆する機会を得られたということです。

後書き

とまあつらつらと書いていきましたが、私の体験というものを足跡に少しでもマルチワーカーとなる方々の役に立てたら幸いと思ってますんで次回もよろしくお願いします(^^)**