script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-5187719916359798" crossorigin="anonymous">

新型ウイルス&不況のご時世を生き抜くサバイバー

このブログは世知辛い現代を頑張る人に向けて役に立つ情報を僕なりの解釈で語るブログです

アスペルガーの人に本当に向いてる仕事とは

工場が向いてるとよく言われる現状

※今回はちょっとデリケートな話題になりますがご了承下さい こんばんは、日々ご時世や不景気の荒波に抗い続けてるモッフンです(毎回言ってるなこれ(;'∀')) 私モッフンは以前お話した通りグレーだけれども軽度のアスペルガーの傾向に苦悩しています。 ※以降発達障害という呼び方改め「デバフかかりし者」と配慮しますm(__)m 我々デバフの傾向で悩んでる者は各方面で「工場とか向いてるんじゃない?」と言われるんですが、これ……非常に危険です 多くの人は工場=単純作業と思いがちですが決してそんなことはないからです。 その理由を次項で説明します

速度と頭の回転どちらも求められる

まず工場はスピードを求められます、これが慣れるまでは相当大変です。 「慣れれば簡単」とよくいいますが、それは定形発達者の話ですから\(゜ロ\)(/ロ゜)/ デバフかかりし者の方はその慣れるのに他人の5倍はかかります、なかなかついていけずorz 加えて頭を使う場面が多々あります、例えばレールから流れる荷物を受け取るお仕事の場合、「店ごとに」さらに「カテゴリごとに」カゴ車に乗せなければなりません。 これをデバフ気味の人が行うとなると荷物を判断するのにモタモタする→カゴ車を選ぶのにアワアワ……確実に詰みます、最悪レジとかよりしんどいし人間関係の問題もあります、では次項へ

工場の人間関係はアスペルガーには地獄

前項では仕事としての困難さを列挙しましたが次は人間関係の話になります、正直これが最も重要な話だったりします。 まず工場の人は我が強いしすぐキれ散らかします、ポカはもちろん、質問してキレられ、なにするかマゴマゴしてたらキレられます、んでこちらの言い分は一切聞いてくれません、もちろん全員がそうという訳ではないですが、多くは良くも悪くも曲者ぞろいです。 あとは工場の人はプライド(自尊心)が高いです、極端な人はそれこそ「俺様主義」みたいな感じです、対してデバフかかりし者はプライドが極端に低いです。 それはもう「おれは なんてクズなんだ」というくらいに、そんなプライドが低い者と高い者組み合わせたらどうなると思います? プライドの高い者はキれ散らかし、デバフかかりし者はキレられる度に自尊心をゴリゴリ削られます、この組み合わせは非常によくないと言っても過言ではないです、実際私自身が身をもって経験してますのでデバフかかってる人、そうでなくても要領に欠ける人は工場が向いてるとは一概には言えないのです。

仕事は適正、やり甲斐よりも一緒に働く人

ここまで読まれた方は「それじゃあ一体どの仕事が向いてるの?」となっていることでしょう、私も同じ経験しましたのでわかります。 結局最後は人、一緒に働く仲間で仕事のし心地居心地なんてのはいくらでも変わるということです、例えば私は要領に欠けたり気が利くとはお世辞にも言えませんでした。 それでも私は由緒ある旅館で3年間務めることができましたそれはなぜか、社長はじめ共に働く仲間が人格あるかただったからです、自分の不器用さに嫌になった時も、理不尽な状況も良い仲間がいたことで乗り越えてこれました、ですから大切なのはよい人が多くいる職場かどうかを見極めることです。

面接する会社もしくはお店全体にアンテナを張り巡らせろ

ではその「いい同僚」が多い職場をどうやって見極めるか、それを事前に知ることは完全にはできませんがある程度はできます、その対策方法を2つから3つ挙げていきます。

事前に客として見学する(小売店や飲食店等の場合)

これはあくまで小売店や飲食店等のサービス業界にのみ使える手法ですが、事前に顧客として面接場所に行くという方法ですね、店長を始め部下、店全体の雰囲気それを意識すると良い雰囲気の店か否かがある程度の 判断はつくかと思われます。

面接時の店長や現場リーダーの人相と声のトーンに注目

面接時にまず一番接するのが店長、現場の現場のリーダーだど思いますが、その人をまず観察してみてください、面接時に笑顔がなくてむっつり、声のトーンも冷たい、こういう人がトップだと対外現場の空気も悪いです、特に自己肯定感が低いと「この店長、リーダーなんか怖い」と気付く人は気付きます、ここで気づければセーフですが次項の場面でもまだ対策はできます。

従業員の会話のやり取り 細かな表情に注目

面接前後、現場を通ることがあると思われますが、先輩社員さんに注目して下さい。 隅っこでヒソヒソ話してる人がいる、イキイキした顔つきの人があまりいない、逆に1人でも2人程暗かったり張り詰めた感じの人がいる、どれか当てはまったらデバフ食らってる人としてはしんどい現場と言えると思われます。 みなさん今回はここまで読んで頂きありがとうございます、仕事はやはり最後は人だど思います、向いてる職業でも人間が合わなければ地獄と化しますし、不向きな職業でも同僚先輩上司に恵まれれば一気に活躍の場に化けます この記事がこれからバイトや就活始める方で自己肯定感や自身のデバフに苦悩されてる方の役に少しでも役に立てれば幸いです それでは次回お会いしましょう ありがとうございました(^o^)/

追記15:04 私が今日に至るまで書き連ねた記事の知識の範囲内で相談に乗る仕事もしていきたいと思います もしなにかで悩んでる方は私宛にご連絡ください

連絡先はLINE id tatubei0505になります

相談お待ちしてますm( )m