script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-5187719916359798" crossorigin="anonymous">

新型ウイルス&不況のご時世を生き抜くサバイバー

このブログは世知辛い現代を頑張る人に向けて役に立つ情報を僕なりの解釈で語るブログです

地方でのダブルワークは時間配分が非常に大事

コロナ渦での地方の掛け持ちは早朝ほど有利

こんにちは、不況と理不尽の世の中に抗い続けてますモッフンです。 今私は掛け持ち先を理不尽な理由により解雇同然の処置に遭い、 新たなバイト先を探してるのですが……非っっっ常に困ってます。 というのも私メインの勤務先は10時から19時まで固定なのですが、以降の時間のちょうどいい時間のバイト先がなかなか見つからないのですよ、今日はその件も踏まえて詳しく書いていきます。

コロナ渦での地方ほど掛け持ちの調整が難しい

結論から言います、地方で掛け持ちをするなら最低でも8時出勤の5時上がりで2つ目が6時に間に合うようにした方が有利です、その理由を3つに分けて説明します。

コロナのせいで飲食店は早い時間に閉店 小売店も深夜まではそうそうなし

今まさにオミクロンでの蔓防が起こってしまってます、それ故有名な焼肉屋さんも居酒屋さんも8時や9時以降はお酒が出せなくなってます、お酒が出せなきゃ顧客は集まらない、顧客が来なきゃ利益はでない、利益が出なきゃ店は開けられない人も雇えない 日中スーパーや工場、営業をされた方の副業先はコンビニか24時間営業の小売店と相場は決まってます。 それ故に掛け持ちの多くを占める飲食業界が営業不可となると副業先を探すのもなかなか大変になると思われます。

地方は深夜営業の小売店があんまりない

これは地方住まいの私が当事者なので実感せざるを得ないのですが、地方で10時以降営業してる小売店マジで少ないです。 いいとこ22時までの営業で20時閉店なんてザラ、これでは17時上がりの方はとてもじゃないけれどWワークなんてできたものじゃないです、確かに地方は夜は人は出かけにくいから早く締まるのもわからなくはないですけど…苦しいもんですね。

19時退勤だと時間が合わない

最後になりました、実はこれが一番重要なんですよ。 10時というお昼でも朝でもない所謂「中番」ってやつなんですけど、この時間がどうにも中途半端で、朝8時出勤なら18時の掛け持ちに間に合うし12時なら21時や22時の掛け持ち先と移動時間加味すればちょうどいいんですけど、20時からのバイトが地方(少なくとも栃木においては)にはないんですよ! スーパーも20時や22時閉店だし飲食店なんか蔓防だし、極めつけは唯一のコンビニすら18時や22時から24時とか深夜2時までとかで、19時から22時まで時間持て余しちゃ睡眠ろくに取れん! こういう感じで融通利かないコンビニが少なくないんですよね。 とまぁこんな感じで毎日大変です 以上のことから地方の人でこれから掛け持ちしようと考えてる方は時間の割り振りをよーく検討してください、勤務時間が朝早いほど有利です、これ以上私の様な苦労を誰かがしないようにここに書いておきます。 今日の金言    「早起きは三文の得」これはこの時代においてほんとそうです、ではまた('◇')ゞ