script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-5187719916359798" crossorigin="anonymous">

新型ウイルス&不況のご時世を生き抜くサバイバー

このブログは世知辛い現代を頑張る人に向けて役に立つ情報を僕なりの解釈で語るブログです

パワハラと自己肯定感、退くのは負けでも恥でもない

心を壊してまで地獄には留まるべからず

皆さんこんにちは、日々不景気と社会の理不尽に抗ってるモッフンです。

新しいことチャレンジしようとか、現状を打破しようと私と同じように皆様も必死に闘われてるであろうと日々お察ししています まだ駆け出しながらもお読み頂いてる皆様のおかげでこのブログも実働2週間迎えました。 今日は少しばかり昔話をしたいと思います。

あれは10年前、僕は町で名の知れた菓子工場で勤務していまして、ようやく慣れた頃ですよ、「ヤツ」が現れたのは、思えばあの頃が私の社会への恐怖心とかを植え付けられた元凶でしたよはい。

歳が上なだけで威張り散らす実質パワハラ老害

それまで私は先輩社員とそれなりに大変ながらもやりがいある仕事の日々を過ごしていたのですが、前項でお話しした老害の社員が入社してからですね、「他社での実力はある」ことをいいことに威張り散らしてきたわけですよ、10年も勤務歴の長い先輩すら顎で使い、いよいよ始まったのが私への当たり散らしですね。

先輩の指示で動くと怒鳴られ、私と関係ない電話で、経理さんがいて出ないのを現場での作業中の私になぜか怒鳴り、これが1年半位続きまして、体調崩しました。 まず体調崩すとですね、胃に来るんですよ、なに食べても吐き気がして、食べないと胃がチリチリ、んでさすがにこれはやばいと思い内科に通ってみましたら案の定なりましたよ、えぇ ストレス性胃炎にね(-_-;)

ついに我慢の限界へ

それからしばらく経っても反論はできなかった…というよりは常に「怒鳴りつけられるのはどこか自分に非があるからかもしれない」と常に思っていました。 しかし、とある日先輩の指示に従って動いてる私を「ヤツ」は知っていながら怒鳴りつけてきたのです。 これには私もキレ返しました、そこからはハラスメントもなりを潜めたのですが、問題はその後でした。

社内ニートの日々

それから程なく、いつも通り出社したら、実権は「ヤツ」に渡り、私は現場から外され、「何かやることありますか?」とタオル持って工場内を徘徊する日々が続きました、完全に「わざと干された」という状況です、そんな日が続いたら思いますよね「なんでこんな思いしてまでこんな会社にいなきゃならん」と、ですんで僕は7年前にその工場を退職しました。そこから待っていたのは更なる地獄でした。

自分への洗脳、理不尽に病む人とそうでない人

それからはスーパーやコンビニを転々としましたが、どうにも工場での一件が原因で人に対して異常なまでに萎縮する癖や、理不尽な言い分に対して「もしかしたら自分に問題があるからどこ行ってもこんな扱い受けるのかな」 とか考えてしまいましたね。 しかし、この数年で色々経験して僕の中で至った結論は「病まない人は案外自分のことしか考えてない」ということです、では理不尽な相手、発言に病む人はどういう人か、それを話していきたいと思います。

自己肯定感が低い人

理不尽に病む人の多くは人間関係、チャレンジ精神、失敗への向き合い方、その全てに置いて共通してることだと言えます。 過去の僕込で自己肯定感が低い人は相手の声の大きさ任せの恫喝や最もらしい言い方によりマインドコントロールされてしまいます、ついでに心無い言葉まで浴びせられて自尊心に多大なダメージがいきます。

責任感が強すぎる人

病む人ほど過剰にまで責任感が強いのだと思います、これは自己肯定感にも繋がる話ですが、適度な責任感はプロ意識として必要でしょう、しかい、なにかある度に「私が原因では」こう思ってはむしろ自己肯定感は下がってしまいます、ここまで来るとこれは「自負」というよりは「自責」になってしまうからです。 そうなるとあなたに対して害のある者はいよいよあなたの人の良さに付け込んでマインドコントロールをしてきます、ですから責任感は「ほどほど」くらいにしましょう。

優しい人

これはなんでもそうなんですけど、病みやすい人ほど人に優しくて自分に優しくするのを忘れてるって方多くありませんか? 僕も合わない某タクシー会社をやめる1か月間は地獄でした。 「お前はどこいっても同じだ」とか「お前は合わないと理由をつけて逃げてる」と……いやいやいや、実力が伴わないとこ居続けるのはお互いに悪いですから(~o~) きっと今も当時の僕のようにそんな状態から逃げ出せるのに逃げない方が大勢おられると思います、きっとみなさんは責任感があって周りに気を遣う優しい方なのかな、と思います。 ……でも、もうよくないですか?みなさんは辛い中よく耐えてきました、頑張ってきましたよ。 周りに気を遣う皆様はもう優しいことは重々しいています、でもそれ以上に「他人様に優しくできる自分を優しく」しませんか?

退くのは恥でも負けでもない

先日いつものようにジャンプを読んでいたらこんな名言を見つけました。

※以下ネタバレ注意

ワンピースワの国編ウソップより抜粋

俺は鼻水垂らしても生にしがみつく!生きて生きて生き抜いてきたから今生きてんだ!! そうだ……かっこ悪い様を見せても、逃げても生きてさえいれば最後はなんとかなる。

僕はそれからはただただ苦しい状態を耐えるのではなく「生き抜くこと」を第一優先にしましたね。

今ブラックな職場にいる方、ハラスメントに合ってる方、職場でのいびりに病んでる方、まずは自分の心を守ることを最優先にして下さい、それがあなたの心を守り、生き抜くことにつながりますから。 退くことは負けでも恥でもありません、戦略的撤退です、皆さん…生き抜きましょう!