script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-5187719916359798" crossorigin="anonymous">

新型ウイルス&不況のご時世を生き抜くサバイバー

このブログは世知辛い現代を頑張る人に向けて役に立つ情報を僕なりの解釈で語るブログです

労働基準法と36協定の改定により変化する生活に雇用問題、あなたはどう生きますか?

みなさんこんばんは、日々品出しとドラッグストアで従業員を掛け持ちしてるモッフンです、今日はちょっと真面目な話をしたいと思います

変化する法、影響を受ける非正規社員、生活困窮者

結論からいいます、皆さん、これからは国や企業に頼ることなく各々が自分のスキルで稼いでいかなければ生きていけないと言うことを断言します、その理由についてもこれから説明させてもらいます。

僕はグレーゾーンで未診断ではありますが、軽度のアスペルガーの傾向性があり、アルバイトも人より苦労してます、故に正社員は望めず、仮に障碍者認定を受けて就職しても低賃金での雇用になるので掛け持ちのパートで生活しているのですが、掛け持ち先の店舗が「4月より通算で45時間以内にしろ」と理不尽な取り決めを掲示してきました。

僕は障害の兄がいて母も短時間のパートしかできないため必然的に僕しか働けません、掛け持ちしても生活するのがやっとです、まして掛け持ち先が勤務時間減らされたりしたら生活していけません。

「なぜ上層部はこんな理不尽を」と調査したところどうやらこれは僕の勤務先に限った話ではなく、36協定の法律が噛んでるのがわかりました、

36協定で悪影響を受ける弱者たち

労働基準法第38条、労働時間は事業場を異にする場合においても、労働時間に関する規定の適用については通算する」

………は?  なんなのその不平等な法律……

確かに昨今はブラック企業によるサービス残業、過労死が横行し、被害を受ける社員を守るためにこの方が設けられたのは結構なことだと思います、しかし…しかしですね、その限りでない人もいるんですよ、僕みたいに障害らしきもので正社員になれない人や時間をたくさん売らないと生活していけない社会的弱者もいるわけですよ、為政者のみなさん、この法律社会的強者にばかりフォーカスされて弱者は更に苦しくなるという悪循環になると思うのですが……そこの所どうお考えですか?

何にしてもこの「余計な法律」のせいで我々弱者は「会社や国に頼らない生き方」を身につけなければならないと僕は考えてます。

頼らない生き方とは

なら「会社や国を頼らない生き方はなにか」という話になりますよね?

現代はお金を生む手段はたくさんあります、動画配信にライブ配信、自身のスキルを直接クライアントに売り込み契約を結び業務を遂行するフリーランス

ツイッターを使っての短編マンガで収益を得たりザっと書いただけでもこんなにあります。

僕は特別なスキルはありませんが、小説のあらすじとかがポンポン浮かぶので「ブログ」をやろうと思いました……が、とりかかるには何度も躊躇しました

やらない理由を探してた

思えば今使ってるPCを買ったはいいものの、「もしこれが跳ねなかったら」とか「ブログ書くと飲めないし遊べないな」とか「ダブルワークだと時間ないしな」とまぁなんのかんのと理由をつけてやらない理由を探してましたね、もっというと「仕事2つあるから大丈夫かな」とどこかで安心しきってたのかもしれません、安心しきってるとこでの「36協定に従え」ですからね…「もう安穏となんてしてられない」と本気で思いました。

後悔しないように

今新しくネットでのマネタイズをチャレンジしたいけどどこかで躊躇しててこの記事を読んでくれてる方々へ、「やってみようかな」と思ったらやらない理由を探さないでください、きっとわずかながらでもそこにある可能性を拾わず通過したら最後に色々思うとき「もしあの時こうしてたら」と後悔するかもしれません、速さは力です!みなさんは僕みたいに後悔しないでください。

ネットはあなたの武器と盾になる

ネットは最早商売の根幹となっています、オフィスの資料つくり、流通、エンタメ、なにについても生活の基盤になってきています、そしてもっというとネット環境がとPCがあればこの不景気、理不尽な法の渦中でもあなたを守る武器や盾になります。

我々を守るのは最早国でも、法でもなくネット環境と自身のスキルにマーケティング力なのです。

今日もお読みいただきありがとうございます、今後もモッフンチャンネルでは皆様の役に立つ状況日常のことから世相のことまで知らせていきたいと思います

2022:1/31追記 どうやらこちらが「これは解雇だ」と申しても会社が突きつけてきた条件を納得できない時点で「条件を飲まない」という取引の成立になるようです。 これは理不尽過ぎる、副業をネットでやろうか迷ってる方は善急で始めましょう、法律は時に弱者の味方をしてくれませんから我々一人一人が経済力をつけるしかないのです。

2022:2/11 とうとう副業先をやめました、「ただの契約満了です」とはほんと理不尽ですよね こんなことがまかり通るから各々が生活するスキルをつけねばならないと思います